赤ちゃんの胎教と母親の精神状態

妊娠している女性には、胎教に関心のある人も少なくありません。赤ちゃんが生まれる前から期待を込めて教育すると考える人もいるかもしれませんが、実際には母親となる女性の精神状態にも良い影響を及ぼします。胎教とは人によって方法が異なりますが、音楽を聴く人、本を読むなど様々な方法があります。どれも母親にとってストレスがなく、むしろ精神的にリラックスでき、赤ちゃんへの愛情がより強くなりますし、母親としての自覚を持つには最適です。母親の精神状態はお腹の中にいる赤ちゃんにも伝わると言われています。ある程度の時期になれば、赤ちゃんは音を聞くことができるので反応を感じることができます。生まれる前からお腹を通してコミュニケーションがとれるので絆が深まります。義務的に胎教をするのではなく、穏やかな気持ちで過ごすことが大切です。

赤ちゃんの胎教を始めてみよう

お腹の中にいる赤ちゃんが、出産してからすくすくと賢く育っていくためには、お腹にいるころからしっかりと教育をしていかないといけないです。胎教に良いと言われているのが、クラシック音楽や英語やお歌のCDを聞かせてあげることです。もちろん、ママが普通におなかの赤ちゃんに効かせるだけではなく、ママが赤ちゃんに語りかけるように聞かせてあげることで、よりおなかの赤ちゃんに届くことができます。そして、一番の胎教はパパママ二人で赤ちゃんに優しく語りかけてあげることです。赤ちゃんに早く会いたいことや、授かってくれたことに対する感謝の言葉を伝えてあげることで、お腹の中にいる子供も良い反応をしてくれますし、おのずと自分はパパママにすごく愛されているし、お腹から出てくるのを凄く楽しみに待ってくれているのだなと認識してきます。

ママがイライラするのは赤ちゃんの胎教に良くない

お腹の中にいる赤ちゃんに、出産前から胎教を施してあげるのはすごく良いことです。英語やクラシック音楽を聞かせてあげることで、感性豊かな子供へ育つことができるので、本当にメリットだらけです。だから、ママは少しでも時間を見つけて赤ちゃんに語りかけたり、音楽を聞かせてあげてほしいです。しかし、一番の胎教はママ自身の精神状況を明るくすることです。妊娠中のママの精神状況は通常時に比べると本当に気持ちのバランスが崩れやすくなっているので、些細な事でも大きな精神的ダメージを受けてしまいます。だから、ママを取り巻く環境を整えてあげることがパパに求められる役割です。ママが嫌なことは全て避けてあげることや、ママが負担だと感じることはパパが率先して変わってあげることなどをすると、出産までママと赤ちゃんはゆったりと過ごせます。

お子様とお母様が一緒にレッスンを受けられる指導もございます。 七田チャイルドアカデミーオリジナル教材で楽しくレッスン指導致します。 多くのお母様から喜びの声をいただいております。 英語教育の講師は厳しい試験をクリアしたし指導力の高い講師です。 幼児のお子様でも楽しめるプログラムを多数ご用意しております。 お子様の言語能力を高めるための英語コースも人気です。 おなかの赤ちゃんの胎教に七田チャイルドアカデミー